[2022年版]ネットワークスペシャリストに合格するためのオススメ書籍と勉強法

2022.8.11

ネットワークスペシャリストは未経験者でも十分に合格が狙える資格です。
もちろん試験は難しいですが、独学でも合格点を取ることは可能です。
そのためのオススメの書籍と勉強法を紹介します。

 

勉強していく順番に書籍を紹介していきます。
※午後試験についてのみ紹介しています。

 

『ネスペの教科書』

ネットワークスペシャリスト試験に出るところだけを厳選! 左門至峰による ネスペ教科書 改訂第2版

ネットワークスペシャリストの試験範囲の知識がコンパクトにまとまっています。
1週間もあれば読めると思います。
初受験の方はこの本から初めるのがよいでしょう。
何度か試験に挑戦した方は、この本は飛ばしてもらっても結構です。

 

ネスペ「ワークブック」

ネスペ「ワークブック」

演習しながら基礎力を身につけられます。
この書籍を演り終えれば、午後1を突破できるくらいの実力はつくでしょう。
ネスペの教科書とネスペ「ワークブック」で、ネットワークスペシャリストに向けての最低限の知識は手に入れられるはずです。

 

 

マスタリングTCP/IP―入門編―

マスタリングTCP/IP―入門編―(第6版)

上記2冊よりも詳細なネットワーク技術が書かれた書籍です。
午後2を突破するためには、この書籍に書いてある技術は全て理解しておきたいです。
注釈まできちんと目を通しておきましょう。
令和3年のネットワークスペシャリスト試験では、注釈に書かれていた「OSPFのバーチャルリンク」について出題されました。

 

左門至峰 ネスペ○○ シリーズ

ネスペR3 - 本物のネットワークスペシャリストになるための最も詳しい過去問解説

過去問の解説本です。
必ず過去問を解いてから、この書籍を読むようにしましょう。
読みやすく丁寧な解説で解答力が身につきます。
過去問は直近3年分を3回ずつは解いておきたいです。

 

本番は落ち着いて臨みましょう

午後試験は毎回新しいものが出題されます。
過去問と同じ問題は出題されません。
想定していない問題が出題されても、決して慌ててはいけません。
まずは深呼吸。
落ち着いて問題を読めば、基礎的な知識で解答できるはずです。