ネットワークスペシャリスト 試験テクニック記事一覧

理解する☓詳しすぎる参考書○薄いながらも全体を網羅している参考書暗記する理解した後は暗記に入ります。暗記は3ステップです。記銘(覚える)→保持(貯める)→想起(思い出す)です。覚えるは短期記憶。それに記憶の可塑性を利用して長期記憶にするのです。そのために短期記憶に繰り返しの処理を加えます。詳しくはこちらで紹介しています。試験に役立つ記憶法○覚えていないところを手書きで書き出す…書き出す紙はできるだ...

間違った記憶の仕方をしていませんか?記憶に役立つ本を紹介するとともに、重要ポイントをお教えします。まず、こちらの本を紹介します。一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらくストレートに言いますと、この本を読めばあらゆる試験に役立つ記憶法を手に入れることができます。しかも、とても安い!試験に合格したいなら、ぜひ買って読んでください。これで終わり。と言いたいところですが…(実際そう...

ネットワークスペシャリスト試験は、なぜ合格が難しいのでしょうか。そこで初心にかえってシラバスを読み解いてみます。シラバスにネットワークスペシャリストの学習のヒントがつまっています。一緒にシラバスを読み解いていきましょう。ネットワークスペシャリストに合格するためのヒントが得られます。合格ノートの目次や方針つくりのためにも分析していきます。ネットワークスペシャリストのシラバスには何が書いてあるかそもそ...

ネットワークスペシャリストの午後1では3問のうち2問を、午後2では2問のうち1問を選択します。どのような基準で選択すればよいでしょうか。午後1では1問ずつ選択していきましょう午後1では次の流れで問題を選択、解答していくと良いでしょう。3問中、最も解けそうな1問を選択して、解答する。残った2問中、1問を選択して、解答する。理由は次の通りです。3問中2問を選ぶより3問中1問を選ぶ方が易しい。問題選択に...

ネットワークスペシャリスト試験の午後問題では過去問が同じ形で出題されることはありません。ところどころの設問では過去と似たような問題が出題されることもありますが、基本的に全て新しい問題です。過去問に慣れすぎてしまうと、思いもよらない落とし穴にハマります。いざ試験本番を迎えて、全く新しい問題を目の当たりにすることで、頭がフリーズしてしまうのです。そして、そのまま試験に取り掛かると、「こんな知識は知らな...